電車乗り場ナビ

当サイトは主要駅での普通電車や特急列車・新幹線などの発着ホームを探している方のために運営しています。慣れない駅で目的の電車が何番線ホームに到着するのか知りたい方、その乗り場への行き方を検索している方は参考にして下さい。



東京駅の東海道・山陽新幹線「ひかり」乗り場は何番線ホーム?

ここでは東京駅での東海道・山陽新幹線「ひかり」の乗り場が何番線ホームなのか、目的のホームへの行き方についての情報をまとめています。
東京駅ホームではどちら側が1号車両なのか、「ひかり」の主な車両編成も記載しておりますので乗車時の参考にして下さい。

「ひかり」は主に東京駅〜岡山駅間、東京駅〜新大阪駅間で運行されている東海道・山陽新幹線の特急列車。
東京駅発着の定期列車は、1日に上り32本、下り30本運行されています。

 

東京駅に乗り入れているその他の新幹線乗り場については、下記リンク先を参考にして下さい。
東京駅の新幹線乗り場|各列車別一覧

※目次のタイトルをタップすると、当ページ内のその項目に飛びます。

東京駅の「ひかり」乗り場は何番線なの?

東海道・山陽新幹線「ひかり」は2階にある14〜19番線ホームから乗車することができます。

専用の乗換口(改札口)は1階に位置していますので、『19〜14東海道・山陽新幹線』と書かれた水色の案内板(下画像)を目安に乗換口を目指して下さい。

 

東海道・山陽新幹線「ひかり」乗り場へのアクセス

東海道・山陽新幹線のりばのブロックは、東京駅1Fの八重洲寄りにあります。

改札口は『八重洲北口』『八重洲中央北口』『八重洲中央南口』『八重洲南口』『日本橋口』の5ヶ所(下図赤字)、在来線からの乗換口は『新幹線中央乗換口』『新幹線南乗換口』の2ヶ所(下図青字)あります。
もちろんどの乗換口からでも14〜19番線ホームに上がることができます。

※乗車する列車が14〜19番線ホームの内、何番線から発車するのかは掲示板で確認して下さい。

 

『新幹線中央乗換口』『新幹線南乗換口』ブロックには、東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線のりばと直接行き来することができる改札も用意されています。

 

 

「ひかり」基本的な車両編成

「ひかり(16両編成)」

  • 1〜5号車・・・普通車自由席
  • 6〜7、11〜16号車・・・普通車指定席
  • 8〜10号車・・・グリーン車指定席

「ひかり(8両編成)」

  • 1〜3号車・・・普通車自由席
  • 4〜8号車・・・普通車指定席

※座席種別・編成は変更される場合があります。

 

東京駅のホームではどっちが1号車両側なの?

東京駅のホームでは、東海道・山陽新幹線「ひかり」は新大阪・岡山駅寄りが16(8)号車側となっています。

「14・15番線ホーム」では14番線に向かって(15番線を背に)立った場合、右手が1号車側で左手が16(8)号車側。

※同様に「16・17番線ホーム」では16番線に向かった場合、「18・19番線ホーム」では18番線に向かった場合、右手が1号車側で左手が16(8)号車側となります。


16(8)号車側
(新大阪・
 岡山方面)
14or16or18番線
1号車側
ホーム
15or17or19番線

 

東京駅の記事一覧 (下線部をクリック)


Return Top